トップ

印刷の技術と目的による分類

目的別の印刷の種類

証券

出版印刷と商業印刷の違い

印刷の種類は、機械方式など技術による分類と、仕上がったものが何に使われるかという目的による分類があります。目的による分類では、出版、商業、事務用、証券特殊がありますが、いわゆる活字媒体と呼ばれる新聞や本、雑誌、地図、教科書などは出版印刷となります。特徴は、印刷された内容そのものに商品的価値があることで、出版社や新聞社などが発行する商業出版物の全般がそれにあたります。また、各分野の研究機関や団体が発行する書籍類も含まれます。一方、出版と似ていて違うのが商業。こちらはチラシやポスターのほか、カタログや説明書、広報誌など冊子スタイルのものも含まれますが、その内容を目的に購入されるものではないという点が出版とは異なります。

出版は根強い人気があります

印刷の歴史は長いです。発展してくるプロセスで、出版印刷のジャンルが生まれました。これは、文字通り出版物やそれに隣接したものが該当いたします。学会や各種研究会、同窓会、業界紙など、種類は非常に多岐にわたっています。部数が比較的、限られているという特徴があります。また、専門的、あるいは学術的な内容を含んだ文章が多く、間違いが許されない側面もあります。それだけに、出版印刷にかかわる人は相応の技術力に恵まれているといっていいでしょう。このように、印刷には大変に多くの種類があって、それぞれの特徴をよく知った人が対応しているのが現状です。

↑PAGE TOP

© Copyright 印刷の技術と目的による分類. All rights reserved.